自転車グッズ

腕からの汗垂れはアームカバーで対策できる【ローラーも実走も】

シルビア

腕の日焼けよりも汗をどうにかしたい

日差しが強いなかでのヒルクライムでは、当然汗を大量にかくことになる

低速なので風を切るわけでもなく、汗がしたたる

あご 腕から ハンドル フレームに汗がしたたる

特に腕から汗がしたたると以下のことが起きる

  • バーテープが汗でいたむ
  • 帰宅後に自宅の床に汗が垂れる

自宅の床に汗が落ちると汚れる

絨毯なら匂いのもとになる

汗がしたたり落ちるのはご法度

家はもちろん、飲食店、コンビニでもきれいに使いたい

その対策がアームカバー

アームカバーの真の嬉しさは日焼け防止よりも

汗が飛び散るのを抑制することだ

アームカバーのメリット デメリットとは?

アームカバーのメリット、デメリットを上げるとこんなところ。

☆デメリット

  • 二の腕が締め付けられる

☆メリット

  • 汗を吸収して飛び散らない
  • 日焼け防止で火照りがない

では、まず二の腕の締め付けについてはどうなのか

二の腕の締め付け

二の腕の部分で締め付けて、下にずり下がらないようにする構造のため致し方ない。

なので、

アームカバーと二の腕

 

こんな感じになる

ちなみに、私の二の腕は腕を曲げて力を入れた状態で30cm程度なので、普通です

それでも、多少は締め付け感はある

ただ、ずっとつけていると慣れる

あくまでも最初付けたときだけ気になる

 

汗を吸収

真夏とは言わずとも、ある程度の負荷で走ったあとには腕に玉のような汗が

腕の汗

こんな感じになると、腕を伝って汗が地面、床に落ちます

それだけでなく、グローブにも汗が流れてくるのでそちらも汗で濡れてしまいます

そこで アームカバーの出番です

ちなみにこの写真は、汗だくだくの状態でのアームカバーです

汗吸収後のアームカバー

アームカバー自体は汗で濡れているけど、ここから汗が下に落ちることはない

素晴らしい

さらに、夏用のアームカバーであれば以下の効果もあり

  • 冷感素材でひんやり
  • 汗の速乾性

アームカバーを付けていた方が下りで涼しく感じます

その理由はこんな感じだろうと考えてます

  • 汗がカバー全体に浸透
  • 浸透した汗は蒸発しやすい
  • 気化熱により冷える
  • 冷感素材でさらにひんやり

理屈はともあれ、体感としては確実に涼しいです

ただ、この状態でクーラーがガンガンに効いた部屋にいると寒いのでご注意を

 

日焼けの火照り防止で疲れない

私は色白なので、長らく日に当たるとこうなります

  • 腕が真っ赤になる=火傷
  • 寝るときも腕が熱を持っていて暑い

もちろん、アームカバーがあれば日焼け防止もできる

むしろ普通の人はこっちがメインの狙いかもしれない

色白だと日焼けした褐色の肌に対する淡いあこがれがあるのよ

その前に真っ赤になるという地獄が待っているので

決して到達しえないデスティニーですが

 

まとめ

アームカバーは日焼け防止ではなく、床に汗が落ちるのを防ぐためのアイテムなんだということです。

もう一度、アームカバーの利点をまとめると

  • 汗が床に落ちるのを防ぐ
  • 日焼け防止してくれる
  • カバーした方が涼しい

アームカバー自体は安心と実績のパールイズミでも取り扱ってます

 

ただ 高い

なので、私はワークマンで購入です

ワークマンのいいところは、その辺にある

店舗数 863店舗 2020年3月時点

これだけあるとその辺の幹線道路を走れば見つかる

まず、自転車関係、キャンプ関係で何かウェアを悩んだら

ワークマンで代用になるものがないか探すことをおススメします

 

ちなみに、私が装着しているアームカバーは

ワークマン+のスポーツブランド 「Find-out」クールスリーブ

というものです

お値段

なんと 499円

オンラインストアでも購入できますが、

お近くのワークマンに行って探してみることをおススメします

これ以外にもきっと面白いものが見つかるはず

 

私はキャンプ用にフィットする手袋をいろいろと試してます(自転車関係ない)


ワークマンオンラインストアはこちら

 

では また シーユー

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-自転車グッズ

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.