自転車グッズ

ロードバイク乗りが1500円もするソックスを購入する理由

ロードバイクのソックス

1足1500円のソックスってどこの高級品ですか?

というのが私の感想である。ユニクロの3足1000円靴下愛用者として、「靴下で1500円はないわ」というのがロードバイク始めた頃の正直な感想。

とはいえ、ロードバイク生活が長くなると自然とソックスも集まりました。
高いソックスは本当に意味あったのか検証します。

こういった疑問に答えます

本記事のテーマ

ロードバイクの高いソックスはコスパいいのか

 

ロードバイクのソックスが高いのには理由がある。

  • 速乾性
  • 丈夫さ
  • 密着性
  • 性能は?

やっぱりロードバイク用のソックスはずれ落ちないし、
つま先に穴空かなくていいよ。
あとは、ファッション性です。

 

ロードバイク用ソックスとは?

ロードバイクのソックス

ロードバイクのソックスに求めること

  • 伸縮性
  • 密着性
  • 速乾性
  • 耐久性

足首周りにゴワゴワした感じがあるのはイヤだ。なので、ある程度の伸縮性と密着性が必要。また、スポーツ中は汗をかくので靴の中が蒸れたり、足首周りに熱がこもるのもよくない。

そういったことを求めると、普段着の靴下では答えられない。
普通の靴下って、ただ歩くぐらいしかしないけどずり下がってきますよね?
そうすると、だぶついた部分が走行抵抗となって出力を無駄にします。
ロングライドでも疲れやすくなります。

というわけで、やっぱりロードバイク用のソックスがいいのです。

では、写真のソックスの紹介です。

✔伸縮性・密着性

普通の靴下って1日履いてるとずれて落ちてくる。だけど、RLXソックスは落ちてこない。これは、一重に靴下の伸縮性の強さによるもの。

というのも、このソックスを脱いだらふくらはぎにはくっきりと痕が残る。そのぐらい、伸縮力が強い。

✔速乾性

夏にはくと通気性がよく汗がすぐ乾くのを感じます。そして、冬はその通気性のおかげでとても寒いですね。冬は冬用のソックス必須です。

✔耐久性

写真のソックスを買ったのが17年の富士ヒルぐらいだったと思うので、かれこれ3年近く経ちます。

でも、つま先穴空かないし、ゴムの緩みもなく現役です。

使用頻度は、週一の実走と、週二のローラー台ってところです。

普段使いの靴下と違うところは、歩くことがないこと。
これによって、つま先とシューズの接触が起こりにくくて破れにくい。だから、長持ちする。

ちなみに私が履いているシューズはシマノです。

使っているシューズについてはこちらの「ロードバイクのビンディングシューズ購入で失敗しないための方法」👈記事で書いたので、興味がある方はご覧ください。

 

✔滑り止め

このソックスの裏には滑り止めのゴムがある。イメージは、小さい子供がはく靴下。これによって、ペダリング時も足がシューズ内でずれるのを防いでくれてます。

ではロードバイク用のソックスの良さをまとめます。

ロードバイクのソックスは結局コスパがいい

✔ロードバイクソックスのいいところ

  • 密着性高くペダリング時に邪魔しない
  • つま先に穴も開かず結果長持ち
  • 汗をかいてもすぐ乾く
  • 通気性が良すぎて冬は寒い

 

ちなみに、仕事終わりにローラー台やるときは、普通の靴下のままやります。
少し蒸れますが、そのぐらいなら良しとしてます。

ロングライドの時はやっぱりロードバイク用のソックスがいいね。

 

まとめ

ロードバイクのソックスは大体1500~2000円ぐらいですね。

靴下1足でその値段だと高いと感じるけど、実際に使ってみると長持ちするので結果コスパよし。

1500円で3年使える靴下。

ユニクロの3足1000円靴下は毎日ローテしても、すぐかかとが擦り切れる。

私は3年使えているソックスだけおススメします。

 

[アールエル ソックス] サイクルソックスはこちら

 

 

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-自転車グッズ

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.