考え

サドル沼なんて自分でアリジゴクにハマっただけでしょ

青い底なし沼

よくロードバイクのサドルを交換する人を見ます。

通称 サドル沼

そんな沼ないと思うんだけどなってことを書きます。

初心者は沼にハマる前によく考えないと底無しの沼にハマりますよ。

初心者でサドル沼にハマる人が、お尻の痛みについて勘違いしてること

  • 始めたらすぐ慣れる
  • サドルは座るものだ
  • 慣れたらロングライド平気

 

ここに当てはまる人はサドル沼の入り口に立ちつつある。気を付けないと沼にハマって散在することになります。

 

初めては誰でも痛い

リジッドなロードバイクに初めて乗ったら誰でもお尻は痛くなるはず。さらに言うと、手のひらも痛いし、肩も筋肉痛になる。

それって、ただロードバイクの姿勢に慣れてないだけだから、ロードバイク乗り始めて1ヶ月ぐらいでサドル替えようと思ってる人は踏みとどまった方がいい。

これが一つ目のアドバイス

 

ペダルちゃんと回してる?

ペダリングで下まで踏み抜いてないですか?そうすると、ペダルに体重乗せられなくてサドルに体重かかることになる。だから、座りっぱなしになってお尻痛い。
そういうこと気にしてないって人は自分のペダリングを見直した方がいい。

坂登ってるときに、ハンドルなんてほとんど持たず添えるだけで、前傾で乗れるぐらいペダルに体重かけられたらいいと思う。あとは、体幹が弱くてぶれる人もそこを直した方がいい。

沼にハマる前にまず自分のライド姿勢を見直そう

ペダルは踏むんじゃない、回すんだ。

2つ目のアドバイス

 

200キロ走ったらそりゃ痛い

ちゃんとペダル回して、ハンドル、サドルに体重分散して乗って、適度にダンシングしてるけど、200キロも走ったら多少は痛くなる。

というのも、疲れるとどうしてもペダルに体重乗せるようなペダリングが出来なくて、サドルに座って踏むようになる。だから、お尻痛くなる。

自分の経験から

100キロまでは何でもない
150キロ超えるとちょっと痛いな
200キロはもう諦めよう

なので、時間と距離が長くなれば痛いのは当然。

ちなみにここでいう痛みはずっと座ることでの痛みで、擦れたことによる痛みではない。

200キロ走るとどっちも来る。

SST20分×2本やると、股が擦れる。これもどうしようもない。

3つ目のアドバイス

ちなみに私のサドルは完成車からついてるペラペラのプラスティックです

ペラペラなサドル

今まで交換しようと思ったことはない。

 

自分を変えていく

サドルを合わせるんじゃなくて、自分が合わせにいく。そういう考えじゃないと、ペダリング、フレームが変わるたびにサドルも買い換えることになる。

そうならないためにこんな絵本を紹介する。

 

「ぼくを探しに」

 

ぼくを探しに新装版 [ シェル・シルヴァスタイン ]

価格:1,650円
(2020/3/26 22:10時点)
感想(51件)

欠けたピースが足りないから自分は楽しくないんだと、足りないピースを探しに旅に出ます。
色々なピースを試しながら、自分に合うものを探し続けます。最終的にぼくは何を見つけたのか?

さて、

あなたは本当にお尻の痛くならないサドルが欲しいですか?何が欲しくて自転車に乗ってますか?

「ぼくを探しに」をAmazonで探す

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-考え

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.