ランクルプラド

ディーゼルプラドのアドブルー補充の目安は10000㎞

アドブルーを補充するタイミングを警告

プラドのディーゼルエンジンには、NOx対策のためのアドブルーが必要。

エンジンオイルとは違って、少し減ってもOKではない。

ちゃんと指示通りに補充しないと車が再起動できなくなります。

✔ 本記事のテーマ

事前にアドブルーの補充タイミングを把握しておく

 

ディーゼル乗るなら必須の維持費

ガソリンでは必要ないけど、アドブルーは購入しても2500円前後

プラドの場合、ガソリンとディーゼルの燃費を比較すると、すぐに元が取れる

やはり、軽油の安さは最高。

 

アドブルー補充の警告は10000㎞走行で出る

アドブルーを補充するタイミングを警告

トヨタのアドブルー消費量の公式見解

トヨタのサイトでは、アドブルーの消費量は700kmあたり1Lとなっている。

アドブルーのタンク容量は12Lなので、大体8000kmで補充が必要ですと。

しかし、自分の場合は、上の画像の通りです。

前回、アドブルーを追加したときにトリップメータをリセットしたので、

9194km走って、残り1935km以内に補充しないといけない。

ということは、約11000㎞でタンクが空になる。

なので、公式見解に比べるとだいぶ減りが少ない。

公式見解では、かなり消費が多いパターンを想定していると推測できる。この距離を長めにしておくと、それより短かったときにクレームになりやすい。

 

なので、少なくとも8000~11000㎞でアドブルーは空になるのだろう。

よって、プラドのアドブルーは10000kmで補充となるのだ。

 

ちなみに、この警告を無視し続けると、エンジンが起動不可になります。

公式にもそのように書いてあります。

排ガスの規制のために使用しているので、アドブルーがない状態で走る=排ガス規制に通らない状態となるため、走行不能になる措置を入れているのだろう。

まあ、あと2000㎞で補充してくださいと言われて、そのまま0㎞まで一気に走らないといけない状況というのは、なかなか考えづらいので普通の人ではそれほど問題ではない。

 

まとめ

プラドディーゼルのアドブルー補充の目安です。

 

  • 10000㎞に一度アドブルーを補充する

 

2500円ぐらいでネットで購入できるので、警告が出たら購入して自分で入れてみましょう。もちろん、ディーラー、ガソリンスタンドで補充でも問題ありません。

ただ、アドブルーの補充はウォッシャー液を入れるのと大差ないので、自分で入れてます。

次は、アドブルーの補充方法について自分のコツを書いていきます。

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-ランクルプラド

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.