自転車グッズ

マウンテンバイクのフロントフェンダーをつける方法【カッコいい】

マウンテンバイクのフロントフェンダー

マウンテンバイクにはかっこいいと思えるフロントフェンダーならつけた方がいい

マウンテンバイクもロードバイクも大体フロントには泥除けとなるフェンダーがついてない

それによって、今まで何度となく泥だらけになった

特に、山を走るマウンテンバイクでは最悪だ

顔が泥だらけになる。それだけではなく、前が見えない。非常に危険である。

だから、マウンテンバイク用にフロントフェンダーを購入しましたよ

実際に取り付けた写真がこちら

マウンテンバイクのフロントフェンダー

泥除け マッドガードと思いっきり書いてあります

安いし、取付も簡単だからぜひお試しあれ

 

✔ 本記事のテーマ

ダウンヒルするならマウンテンバイクにフロントフェンダーは必須

 

顔が泥だけになると前が見えなくてダウンヒルどころじゃない(自分の経験より)

 

フロントフェンダーは取り付け簡単

マウンテンバイク用のフロントフェンダー

こんな感じに、やや硬質なプラスティックカバーとタイラップを使って取り付けます

大きなパーツと小さなパーツが2つ届いたので、自分は小さなパーツを大きなパーツの前側に重ねるようにしました

こうすると、小さなパーツもしっかり固定されるのでばっちりです

取付の手順はいたってシンプル

  • フロントフェンダーにタイラップを通す
  • マウンテンバイクのフロントフォークにタイラップで仮止め
  • 位置調整をして、タイラップをしっかり固定

 

以上

所要時間は、5分です

では早速取り付ける様を説明していきましょう

 

フロントフェンダーの位置決め

マウンテンバイクのフロントフォーク

始めはこのように何もついてません。当たり前ですが。

ここに、タイラップを通したフェンダーを簡単に位置決めします

まずは、こんな感じでルーズに固定してみましょう

フロントフェンダーを位置決め

この時、タイラップは4か所で固定します

一つは、フォークをつなぐUの字のところで2か所

フェンダーの取り付け位置

もう一つは、フロントフォークの下の部分で左右一か所ずつ

→この時、目盛りが振ってある方には固定しちゃダメですよ

そっちは走行中に動くので、写真の通り動かない側に締めます

フェンダーのフロントフォークへの固定位置

タイラップは完全に位置決めが終わったら先端をカットしますが、

そのカット位置がブレーキホースと反対側になるようにしました

その狙いは、カットした部分は鋭いのでホースを痛める心配があったからです

よほどのことがない限り、回転することはないのでこうしておけば安心ですよ

 

そして、完全に位置決めした写真はこちら

フロントフェンダーを完全固定した状態

まだタイラップが飛び出ていますが、ニッパーでカットしておしまいです

所要時間 5分

お手軽だけど、とても有効なカスタムです

 

タイヤとのクリアランスはしっかりある

タイヤに当たらないのと心配ですが、実際には指が入るぐらいのクリアランスがありますのでご安心を

フェンダーとタイヤのクリアランス

私の人差し指を入れても、少しクリアランスがあるぐらいなので20㎜はタイヤとの間に隙間があります

実際に、取り付けた状態で走っても、フェンダー自体がかなり硬い材質なので、フェンダーが振れて接触することもないです

 

まとめ

一度、雨上がりの山の中を走るとわかる

マウンテンバイクにはフロントフェンダーが必要だって

それを実感するまではつけなくてもいいかもしれない

ただ 先人の経験を生かすも殺すもあなた次第

たった数百円の投資の投資で人生変わるかもしれない

少なくとも、洗濯は楽になる

では また シーユー

 

MTB用フロントマッドガードはこちら

 

 

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-自転車グッズ

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.