自転車グッズ

ロードバイクのボトルは柔らかくて握りやすいもの一択 特に女性は

大切なことは温度ではなく、スムーズに飲むことである。

夏は冷たいものを飲みたくなるけど、それよりも飲みやすいボトルが一番

自分の経験から、ボトルに求める機能はこれ

  • 柔らかい
  • 連続で飲める

そして、この要望を満たすボトルはこれ

キャメルバック ポディウムビッグチル

硬いボトルだと、ロングライドの最後の方で握力厳しくて、ボトルつぶすのがつらい。

ボトルをつぶして、飲み物を押し出すので、硬いボトル、飲み口が狭いボトルは、なかなかボトルの変形が戻らず連続で飲めない。止まった時に、たくさん飲めない。

 

そんな悩みを解決してくれるボトルです。

 

柔らかいボトル

柔らかいボトル

ロングライドすると握力がなくなってくるんですね。すると、飲むためにボトルをつぶすのがダルくなってくる。

さらに、飲み物が少なくなってくると、ボトルを思いっきりつぶさないと中身が出てこない。

キャメルバックのボトルは柔らかいので、女の人でも大丈夫です。写真は、中身なしの状態ですがこんな感じにつぶせます。

私は、握力30ちょいの普通の人です。決して、握力が50以上というモンスターではありません。

大切なところはここ。

簡単につぶれるから簡単に元にもどる

これによって、何回も連続で中身を押し出せて飲めるんです

 

では、次にいきます

 

飲み口は飲みやすく買い替え可能

ボトルの飲み口

飲み口のところは逆止弁となっているので、さかさまにしても中身は出てきません。

もちろん、押せば出ますが。その場合は、キャップを回転させて中身が出ないようにしておけばOK。

レースで車載するときも、車内で飲み物がこぼれず安心です。

キャメルバックのもう一つ、いいところはこの部分だけ別売りで購入できるところです。

キャメルバック交換用キャップはこちら

どうしても、キャップ周辺はうまく洗えないので、汚れがち。よく見るとカビが生えていたり。。。。

ボトル側は平気だから捨てるのはもったいないから、キャップだけ新品にしたい。

そんな願いが叶うエコな奴。

それがキャメルバック。

キャメルバック ポディウムビッグチル

 

サイズによってボトルゲージに収まらない

容量違いのボトル比較

サイズ違いでいろいろあります。ただ、大きいサイズを購入した場合、こうなるのでご注意を。ちなみに、これはFELT F85で、サイズは51です。もちろん、ボトルゲージによっては収まるかもしれません。

フレームに収まらないボトル

スローピングフレームだとこうなる可能性高いので、購入される方の参考用に、キャメルバックのビッグチルの場合の大きさを載せておきます。

キャメルバック高さ

測り方は雑ですが、ボトルの底からキャップの先端まで、約28cm弱です。

これを参考に、ご自身のロードバイクのボトルゲージの底からトップチューブの下側の距離を測って、これ以上あれば収まります。

収まるボトル

ちなみに620mlサイズであれば、このように収まります。こちらも参考にしてください。

ダウンチューブ側であれば、ビッグチルでも収まるのでご安心を。

ダウンチューブに収まるボトル

 

まとめ

ボトルに求める機能は、飲みたいときに楽にすぐ飲めること。

それを満たしてくれるのが、キャメルバックのボトルでした。これまでも、500円程度のボトル、1000円程度のボトルを試してきましたが、結局ここに行きつきました。

ボトルとしては少し値段は張りますが、そもそも何十万のロードバイクを購入している時点で、ボトルのお金ぐらいは誤差のようなものと割り切りました。

このボトルのおかげで、

  • 乗ったままでも飲むの簡単
  • ボトルが柔らかいのでゲージに戻しやすい

ということもあり、落車の心配も減りました。

これは父の日にもらうと嬉しいプレゼントです。

これから夏に向かって、色によっては売り切れもあるのでお早めに。

 

PS

保温、保冷機能は期待しない方が吉。

夏はこまめにコンビニ休憩して、冷たいものを飲みましょう。

それが安全で楽なロングライドのコツです。

 

 

では また シーユー

 

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-自転車グッズ

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.