ランニング

自転車よりもランニングの方が肉体的にハードだと実感

ランニングはヒザにくる

何となくスポーツやろうかなと思ったときに自転車かランニングかと悩んだあなた

自転車に乗ったほうがよい

自分が自転車に何年も乗ってるから、自転車を勧めるわけではなく

自転車を散々乗ったうえで、ランニングを始めた結果どうなるかを知ったからである

一応、ヒルクライムレースに出たら上位10%ぐらいの成績は収められるぐらいには頑張ってます

富士ヒルシルバー達成を失敗しないためのペース配分公開

 

✔ 本記事のテーマ

ランニングもいいけど自転車もいいよ

 

駅伝見ると走りたくなるんだよね

 

ランニングはヒザにくる

ランニングはヒザにくる

走って足をつくたびに地面からの衝撃を受ける

手練れのランナーなら十分な筋力により、衝撃をいなすこともできる

しかし、ランニング初心者の自分にはそれができなかった

もちろんずっと続ければ順応できるはずだけど

 

ここからサイクリストあるある

  • 自転車のおかげで心肺機能高い
  • 普段から苦しいのが楽しいと思ってる

この二つのおかげで、初心者にも関わらずついついオーバーペース、オーバーロードで走ってしまいがち

そのため、ひざに来るのです

私も地域の駅伝に選手として誘われ(相手も自転車乗ってるから走れると思ってる)

心肺機能は大丈夫だからいけると思いついついオーバーペースで走る

→ひざに来る

しかも、寒いと体があったまるまでなかなか痛みが引かない

 

自転車は長距離乗れば多少ヒザに痛みはあるけど、毎日20~30分走ってただけで痛いからな

 

一生懸命走っても30分で5~6キロ

頑張っても進まないランニング

キロ5分のペースで走っても30分で6キロ

そもそも、初心者はそんなペースで30分も走れない

なので、30分走ってもせいぜい4~5キロなんですよね

頑張っても、家からちょっと離れたところでおしまい

景色に変化がないのです

自転車ならど素人でもマラソン世界記録以上のタイムで42キロ走れますよ

 

乗ってるだけ進む自転車

乗ってるだけで進む

走るのはなかなか進まない

だけど、自転車なら乗ってるだけで前に進みます

まるでメリーゴーランドです

少しこいで惰性で行けばどこまで・・・いけるわけではないが

少なくとも30分もたてば10キロぐらいは進める

 

自転車を通勤、通学だけで使っていると、1時間も自転車に乗るという行為が理解できない思うけど、

自転車に乗ることが目的となると、1時間でどこまでいけるか、どこに行けるかは非常に大切

ある程度の景色の変化がないと飽きてしまうんだよな

特に、ダイエット目的みたいに強い意志がないと、同じ景色をグルグル回るのは苦行すぎる

 

まとめ

自転車乗りがランニングしてみてわかったこと

 

  • ついついやりすぎてヒザを痛める
  • 遠くに行けないことにストレス感じる
  • 自転車って楽に遠くに行けてすばらしいと気づく

 

ただ、自転車を始めようとすると初期費用が掛かるので、気軽に始めるという意味ではランニング圧勝です

 

自分もランニングシューズ買ったけど、自転車に比べたら安いなと思って即買いできたし

こんなところで自転車によって壊された金銭感覚が生きてきます

 

では また

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-ランニング

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.