メンテナンス

HEIHEIのボルトが緩んだので増し締め【リアサス根元】

HEIHEIのリアサスボルトのゆるみ

自転車のボルトって緩むのか?

緩みます。定期的に確認しましょう。さもなくば大けがします。

自分のMTBは2019 KONA HEIHEIですが、ふと足元を見たらリアサスの付け根のボルトが緩んでました。
緩んでいたというか、半分ぐらい抜けかけていて、あと少しで脱落するところでした。

MTBはもちろんロードバイクも定期的にボルトの増し締めはしておこう。

振動が大きくて、頻度も高いMTBはロードバイクよりもゆるみやすい。

 

✔ 本記事のテーマ

KONA HEIHEIのボルト緩みに気を付けよう

 

あのゆるみに気づかず、山の中でボルト飛んでたらどうしよう。
怖い、怖い。

早めのチェックは大切。

緩んだ場所の説明はここからです。

 

緩んだボルト

HEIHEIのゆるんだボルト

今回、緩んでいたボルトは写真の赤枠のところのボルトです。
ここは、リアサスを留めているボルトなので、ここが飛ぶとリアサスが抜けます。

よかった、抜ける前に気づいて。

緩んでいたら六角レンチで締めておきましょう。

 

正しいMTBの乗り方

✔事前にボルトチェック

  • ハンドルのボルト
  • サスのボルト

 

定期的に増し締めするクセを付けましょう。

この辺りが急に外れたら死にます。マジで。

 

まとめ

HEIHEI乗ってて気づいたボルトのゆるみについて書きました。

同じMTBに乗っている人は確認した方がよいです。
これが、自分の確認不足なら致し方なしですが、ゆるみやすい特性もあるかもしれないので。

いずれにしろ、自転車のボルトの増し締めは定期的にやりましょう。

自分がケガしないために。

この「シフターからカタカタと異音がした時の対処法」という記事でも書いたけど、最近ボルトのゆるみ多いな。

自分の気持ちが緩んでいるせいかな。

 

では また シーユー

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-メンテナンス

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.