考え

ロードバイク速い人は思考がぶっ飛んでいるけどケアしてること

日々のストレッチは大切

ロードバイク速い人の思考はぶっ飛んでるから練習が真似できない

なぜなら、速い人に練習方法を聞くと

ロードバイクで速くなるのなんて簡単。ただ、ひたすら練習すればいい。月1000km以上、50時間以上とか。

それが出来ないからみんな苦労してるんだと。しょせん天才かとあきらめたくなる。

しかし、凡人でも天才の考え、基本行動をマネすることはできるのではないか。どうしようか考えた結果が速い人の思考、基本行動をパクることである。

では、その3つのこと。

・芯がぶれない
・目標を宣言する
・体のケアをする

では、ひとつずつ解説します

 

芯がぶれない

練習メニューって、腐るほどあるし、いかに効率よく強化できるかって非常に大事。だから、常にいい練習はないかと探してる。そんな人いますよね?私もそうでした。

ただ、それをいうレベルって本当にプロ級だけだと思ってます。伸び代MAXの人は何やっても平気。

とりあえず、SST20分×2やっておけば大丈夫です。このぐらいの気持ちが大切。グーグルで調べてみると、みんなこのメニューをおすすめしてます。私もこのメニュー中心でシルバー達成できました。

その練習について書いた記事はこちらです。

富士ヒルシルバーになる近道

何を自分の芯にするか?そこが大事。結果が出ないと焦る気持ちは分かるけど、結果が出る前にブレるのはダメなんです。

そもそも、たった20分だけど毎日練習ってめっちゃキツい。それができる精神力を鍛えるのが大切。

目標を宣言して追い込め

心の中で目標を決めてる人は多いと思います。

じゃあ、周りの人に言ってるか?言ってないとしたら、なんで言わないの?

言わない理由

達成できないと恥ずかしい

これに尽きると思います。

じゃあ、宣言するのに必要なことは何か?

プライド捨てる
これです。

達成できなくて恥ずかしい、こんなレベルでシルバーって恥ずかしい。そんな思いが宣言するのを防いでます。

宣言すると得られること

自分を追い込める
宣言したら、後に引けないからやるしかないという気持ちになります。

周りが応援してくれる
頑張ろうとしてると、周りの人は応援してくれます

実は宣言したら得られるものの方が多いです。失うものって特にない。

これは仕事も同じで、いつまでにやるって宣言すると同じことがおきます。

期限迫ると周りがフォロー
困ってたらちょっと手伝ってくれる

宣言することは大切です

体のケアをサボらない

速くなりたかったら、いかに負荷を与えてそこから復活させるかが鍵です。このサイクルを何回回せるかで、速くなるレベルと早さが変わります。だから、週7で練習できると最速で速くなれます。※週7はやり過ぎなのでやめましょう。

ただ、高負荷高頻度で練習しようと思ったら、体のケアが必須です。

私も過去ありましたが、6日連続で練習して風邪ひく。そのあと数日体調不良で休む。

負荷が高いほど免疫システムへのダメージも大きいので、本来は休む必要があります。そこを無理やりやり抜くにはいかに回復するか。

そのための方法は簡単です

ケガ予防
ストレッチ

風邪予防
十分な睡眠
十分な栄養

特に難しいことは言ってませんし、誰でもできることです。ただ、実践するのがやっぱり難しい。でも、人よりも速くなるってことは人より工夫をするってことです。

 

簡単にできれば長続きする

大変なことは長続きしないけど、簡単なことだったら続けられそうな気がしますよね?

例えば、

ストレッチは寝る前に1分だけやる
夜はスマホ見ないでさっさと寝る→寝室にスマホNG
十分な栄養をとる→不足分はサプリメントで補給する

こんな感じかなと思ってます。

まとめ

私がここに書いたことは富士ヒルゴールドクラスの人から教えてもらったことです。誰かに追いつくってことはマネするってこと。それは悪いことじゃないです。
誰でも最初は遅いし、できない。そこからどう変えていくかが大切。

まずは、体のケアから始めてみましょう。体が元気なら仕事もスポーツもできる!
練習しすぎで仕事に影響してしまうのも本末転倒なので、まずはストレッチから始めましょう。

ストレッチ方法をamazonで探す

サプリについて気になる方はこちらへ

運動前のアミノ酸と運動後のプロテインは本当に効果あるのか考えよう

 

いずれにしろまずは体のケアをして土台を作りつつ、練習で追い込んでいきましょう

では また シーユー

 

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-考え

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.