MTB

MTB乗るときはヒザにプロテクターをつけろと言ったのに

ケガする前にプロテクターつける

後悔先に立たず 転ばぬ先の杖 お前は何を学んだのか?

何度もプロテクターの重要さを言いながらケガする。私はアホです。

だいたい、ケガするときはプロテクターしてない。だから、ケガする。

ひざは全体重がかかって、ガチでケガする。気を付けよう。

 

四六時中、プロテクターして過ごします。

 

✔ 本記事のテーマ

ケガしてからじゃ遅い。プロテクターはいつもつけろ

 

上手い人は簡単にそうやるけど初心者はそうもいかんってことを肝に銘じましょう。

以前の記事でもプロテクターしてけが防止しようって言ってるのに。

参考リンク:MTBでケガする前にプロテクター買っておかないと大変なことになる

プロテクターは持ってても、つけないと意味ない。

 

ダニエルをしたい

動画を見た通り、これをやりたいんです。

ただ、下手なのでこんなにうまくできない。そこに至るための練習中ですね。

 

今回、ケガしたパターン

  1. フロントあがる
  2. ハンドル切っちゃう
  3. ハンドル切ったまま着地
  4. 着地と同時にバランス崩して膝から着地

どうですか、このありそうなケガの仕方。

おかげで、ひざの打撲により歩行が困難です。

 

ここから学んだこと

✔ケガをしないために

  • 無理しない
  • プロテクターつける

 

特にプロテクターつけるってところが一番大切

そもそも、プロテクターは持ってるくせにつけてなかったってところが一番ダサい。

POC ヒザ用プロテクターはこちら

 

土曜の早朝に練習しててケガすると、週末全く自転車のれなくなるから、

みなさんもお気をつけて。

お越しいただきありがとうございました(^^♪
バナーをクリックしてもらえるとブログが成長します
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

-MTB

Copyright© ゆむぞうのサイクル生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.